忍者ブログ

[PR]

2019年01月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

八巡目 うちの子の弱点(バナ山)

2016年06月17日
お久しぶりです。調声に集中していてついうっかり原稿を書くのを忘れていたバナ山です。すみません…。
第八回目のコラムのお題は「うちのこの弱点」ということで、うちのうたう本丸にいる刀たちの欠点を挙げていきたいと思います。

①へし切長谷部

二回目のお題でいいところをぽんぽん挙げましたが、有能な彼にも弱点はあります。
そのうちの一つが以前にも挙げた、「早口が苦手」です。

長谷部は口の開き及び声の立ち上がりがゆったりしているので、テンポが速い曲だと発声が追いつかずもたついてしまいます。
対策としては子音速度を高く設定することがありますが、無理に発声の仕方を変化させているのでどうしても違和感が…。
早口だとどうなるかは先日カバーした蜘l蛛l糸モlノポlリー(sm28767309)を聴いてみてください。
子音速度で無理やりアタックを強くしているのですが、そのためにところどころありえない口の動きをさせてしまっています。ごめん長谷部。

あとはそうですね、「声が柔らかい」というのも弱点になりうる特徴ではないかなと。

バラードを歌う時はいいのですが、ロックとなるとどうしても力強さ不足が否めません。
あと高音でいい感じに張り上げる音素があんまりないのもつらいところです(戦闘ボイスはノイズだらけになります;)。
対策としてはそもそもロックを歌わせなければいいのですが、それでは意味がないので…グロウルエンジンの使用などが良いのでは、と思います。
グロウルエンジンはフラグでがならせることが出来るエンジンです。私の環境では上手く動いてくれないので採用はしていませんが。

以降はうちの長谷部限定の欠点です…。

「べた打ちが酷い」

長谷部は私が初めて作った人力音源です。当時は人力の作り方などよく理解しておらず、手さぐりでボイスの切り出しと原音設定をした記憶があります。
後々の使い勝手を全く考えていなかった私は、とりあえず原音設定中初めて出てきた音素をエイリアスなしの無印音素としました。
これが綺麗な音素を厳選して切り出してからの原音設定だったらまだよかったのですが、生憎私のやり方はボイスをそのままUTAUに突っ込み、原音設定で片っ端からとれる音素を切り出す方法でした。そういうわけで、UTAUで鳴らすのに適さない音が無印音素となり、うちの長谷部はベタ打ちだととんでもなく歌が下手っぴに。
こちらは動画にもした時l忘l人のベタ打ち状態です。一度聴いてみてください。→https://t.co/inLK6LZzKc

ね、酷いでしょう?「つ」なんかは子音しか鳴りませんし、一部の音を除きノイズまみれです。
うちの長谷部の調声は毎回この状態から始まります。音素選択すればそれなりに歌うものの、そこまでもっていくのに時間がかかるので最初ちゃんとやっておけばよかったなあと弄るたびに思うのでした。

「エイリアスがカオス」

これもまた彼が初めての人力音源だったことにより生じたものです。
当初どうエイリアスをつけたものか悩んだ末、まあ要するに重複しないようにすればいいんだという大変軽い気持ちでつけてしまいました。
その結果がぐっちゃぐちゃのエイリアスです。中には「a い¥」「と0(0に特に意味なし)」「お32(32に特に意味なし)」なんてのもあります。
これではまずいと思ったのか、途中から「泥2」や「就」など、どのボイスに由来するものかを表すエイリアスも出てきますが、そのやり方で統一されているわけではないので結果として大変混沌とした原音設定になっています。
途中一からエイリアス整備をすることも考えましたが、もうこのエイリアスをある程度覚え、慣れてしまったためこのままにすることに。
配布が禁止されている人力音源を他人様に触らせる機会などそうそうなさそうですが、あったとしても絶対うちの長谷部は弄りにくいこと間違いなしだと思います。

②燭台切光忠
バラードもロックも何でもござれの万能感溢れる燭台切には弱点らしきものがあんまりありません。

あえて挙げるなら「特定の母音の少なさ」でしょうか。

結構台詞量の多い燭台切ですが、実はとれる母音の数に偏りがあります。
比較的量の多い「あ」「お」に対し、燭台切の「う」の数は結構少なめです。
ただ、「う」に関してはそこそこ使い勝手の良いものが揃っているので数の少なさを感じさせない運用が出来るでしょう。
使い勝手でむしろ困るのは他の母音の方です。数があるとはいえ癖の強いものが揃っていて、うまく母音置換が出来ないことがしばしばあります。
しかしながら、台詞量の多さに基づくバラエティ豊かな音素があるので、母音置換しなくても良い音素を選び使っていけます。
母音置換で表情をつけるタイプの長谷部に対し、燭台切は豊富な音素のレパートリーで殴るタイプです。…あ、話が逸れましたね。

以降はうちの燭台切限定の欠点です。

「シンプルすぎてエイリアスをおぼえられない」

長谷部の失敗で学習した私は、顕現二振り目になる燭台切の原音設定を事前に計画してから行いました。
各台詞に通し番号を振ってそれを基本エイリアスとしたのです。エイリアスの例としては「う72」「い長やや力8」「て強31」など。
結果、統一感があって見栄えの良い原音設定になったのですが、ここで致命的な欠点が。

エイリアスに特徴がなさすぎて覚えられない。

長谷部は色んな文字をふんだんに使ったエイリアスをつけてたため、どのエイリアスの音素がどんな発音かというのがするりと頭に入ったのですが、ほぼほぼ数字で構成された燭台切の音素がいつまで経っても覚えられません。困った。
ですので、仕方なく音素選びの時は原音を一つ一つ聴きながら選んでいます。

うちにはあと大倶利伽羅がいるのですが、彼はうちの刀の中ではかなり異質といいますか、特徴が他の二振りと大きく異なります。
現状私の調声との相性はかなり悪く、挙げるとしても大倶利伽羅の弱点というよりは私にとっての彼の苦手な点になってしまうので、使い慣れるまでは言及を控えますね。

以上、うちの刀たちの弱点でした。
みなさん、人力音源制作は計画的に!
PR

七巡目 調声の際のこだわり(バナ山)

2016年05月08日
どうも、先日動画投稿を終えて燃え尽きているバナ山です。
今回のテーマは「調声の際のこだわり」、一番語りやすく同時に一番内容に悩むお題が回ってきました。
こだわっていることはいくつかあるのですが、そのうちの一つとして「口の開きといった発音の仕方」があります。
特に「口を開けるべきところでしっかり開ける」ことを意識し、そのために母音置換を多用して大半のノートで母音を置換しています。
今回は、母音置換による発音調節について述べたいと思います。

まず置換に使う母音ですが、種類としては二パターンあります。
一つ目は語頭の母音をそのまま切り出すパターン(画像1)、二つ目は他の音の子音をカットして母音のみを切り出すパターンです(画像2)
 
画像1
 

画像2

 
こうして沢山の母音を切り出し、置換したいノートの高さや歌い回しに合わせ、耳を頼りに適切と思われる母音を選んでいます。

余程汎用性の高いものでない限り、使う母音(もしくは通常の音素そのもの)は原音の声の高さとノートの音階が近いものを選んでいます。
低音域には原音の時点で低いものを、高音域には原音の時点で高めのものを。理由としては音の高さが近い方がノイズが出にくいというのもありますが、使用する音素が「その高さの音を出すときの声の出し方である」というのが大きいです。高いところで低い音を出すときの発声をしていると違和感が出やすいです。

また、聴きやすさを向上させるためになるべく明瞭に発音している母音を採用しています。はっきり発音している母音は安定性が高いものも多く、ロングトーンに強い傾向があるような気がします(個人の感覚です)。
ただそうやって選抜をかけると使う母音が限られ、同じものを何度も使いまわすことになるため単調になってしまいます。
そこで、同じ母音を近い位置で使用する場合、使用するエンジンを変えたりgフラグやOフラグを入れて声の印象を変えるよう気をつけています。Oフラグは口の開き方も少し変化させるような気がするので特に多用しています。
曖昧な発音の母音は主に発音をぼかしたい異国語や、すぐに次の音に移行するため大きく口を開けたりはっきり発音できない早口部分に使用しています。

なお母音置換をする際、子音の種類によって母音の発音の仕方が変わることがあることに留意する必要があります。
例えば口をすぼめて発音した「む」から取った「う」は「つ」の置換用母音としてはあまりふさわしくありません。わざと「つうー」と発声させる場合は別ですが。
適切かどうかは先に書いたように自分の耳で判断しています。自然に聴こえればGOサインです。
一番確かなのは同じ種類の音素を使うことです。「る」の母音を子音部分をSTPで削り母音だけにした別の「る」で置換したり(画像3)。

画像3


基本的に母音置換は子音側のノートの長さを60にして後ろを別の母音に挿げ替えて母音結合(先行発声50、オーバーラップ100)する形で行うのですが、子音側のノートの長さを変えたり、後ろの母音の先行発声等のパラメータを変えることで色んなニュアンスを出すことが出来ます。口を大きく開けて発声する置換用母音のオーバーラップを150~250にしてクロスフェードボタンを押すことで段々口を大きく開けながら伸ばす、などなど。
応用することで母音結合だけでは上手く繋がらない母音を滑らかに繋いだり、音素を自然な形で捏造することも出来ますので是非色々お試しあれ。

まだまだ書きたいことはありますが、長くなりそうなので今回はここら辺で。
もし次また同じようなテーマがあるなら口の形の遷移の表現についても書いてみたいです。

六巡目 選曲時に気にすること(バナ山)

2016年04月27日
お久しぶりです。
刀歌ノ陣と長谷部の国宝指定記念日の動画制作に追われていたため、3グラスさんにお願いして一時的にコラムの更新を停止して頂いておりました。お待ちしてくださっていた方、申し訳ございません。
確認したところ、今回のテーマは「選曲時に気にすること」とのことなので自分の選曲基準について述べようと思います。が、おそらくは皆さんもお考えになるような内容だろうと思います。

私が人力カバーの選曲で気にすることは主に二つです。

①キャラクターの声質・発音の癖に合うか

キャラクターの声にはそれぞれ特徴があり、曲調の向き不向きがあります。極端な例を挙げますと、がなり声気味のキャラクターは恐らくは静かなバラードは苦手(というよりしっくりこない傾向がある、が正しいか)、柔らかな囁き声に激しいロックは声が埋もれる上に勢いに欠ける、等々。
そうした声の特徴を考慮して曲を選ぶとスムーズに調声が進むことが多いと思われます。自作物の中だと、長谷部の「夢lと葉l桜」「マlミさんのテlーマ」はこちらを一番重視して選曲しました。
以前も申し上げました通り、長谷部は口をゆっくり大きく開くタイプの発声の癖があるので、ローテンポで朗々と歌う曲と相性が良いです。そうした特徴が活かせるように選んだこの二曲のカバーは、他作品よりも調声期間が短くかつそこそこ聴ける出来となっております。
ちなみに光忠さんは発音に極端な癖がなく、テンポの速い曲、遅い曲、ロックにバラード、大抵の曲はなんでも歌えます。
勿論、この辺は切り出し方や原音設定によっても変わるので他所の光忠さんについてもそうであるとは言えないのですが、うちの光忠さんについては個人的にオールマイティ型だと思っています。

②歌詞の内容がそのキャラクターに合うか(もしくは歌詞の内容にキャラクターを当てはめたいか)

多分選曲の時に最も重視しがちなのがこの項目ですよね。そして、一番の曲者です。
歌詞の一部がキャラ背景と一致するところがある、曲のストーリーにキャラを当てはめると好ましくなる、そういった動機で選びたくなる曲は沢山あります。しかし、安易に選ぶと後で地獄を見やすいのもこのパターン。
選んだ曲が①を満たしているとキャラに合い、かつ少しの手間で完成度の高いカバーが作れるのですが、全部が全部そのようなわけではありません。
長谷部のキャラ性に合う曲に限って早口だったりするので(口を開けきるまでに時間がかかるため早口になると違和感が出やすい)、しぶしぶカバーを見送るものもあります。それでも聴きたいという強い意志がある時のみ手を出すのですが、調声は100%難航します…。
過去作の中だと「時l忘l人」がこの部類に入るでしょうか。現在調声を進めてるものもこの動機で選びました(そして作業に詰まっています)。

あとはそうですね、キャラや声質と合っている合っていないとは別に、好きな曲を好きなキャラクターの歌唱で聴きたいと思うことがあります。あくまでちょっと聴きたいと思うだけなのでこの場合大抵は動画にはしません。お蔵入りしている中にデlジモlンの進化の曲を熱唱する光忠さんのカバーがあったりします。

また、先駆者がいるかどうかはカバーするかどうかを判断するときにあんまり気にしません。
同じキャラクターであっても切り出し方や原音設定、歌わせ方が使い手によって変わるため、全く同じものにはならないからです。むしろ、調声の違いを楽しめるので個人的には同キャラ二番煎じカバー、もうちょっと増えてほしいなとすら思っています。
ただまあ、二番煎じを良く思わない方もいらっしゃると思うので、自分で作った二番煎じカバーを独立した動画にして出すかはちょっと悩みますね。「時l忘l人」の時はイラストを依頼し調声真っ最中の時に先駆者様の動画がきたので、これは致し方ないとそのまま突っ走りましたが…。
今も二番煎じになるカバーをいくつか抱えていますが、これらをニコ動に出すとしたら詰め合わせ動画の形で公開しようと考えています。

今回はこんなところで。
次回のテーマは「調声の際のこだわり」です。
何を書こうか今からうんうん悩んでますが、書きたいことが多すぎてまとまる気がしません。
ほんと、何について書こうかなあ…。

五巡目 調声のお供(バナ山)

2016年02月13日
どうも、そろそろ作業に飽きてきたバナ山です。早く動画投稿したくてたまりません。
此度のテーマは「作業時に外せないプラグイン・外部ツール」ということで、調声をする際に必ず使っているプラグインを紹介いたします。

①連続音一括設定(製作:Zteerさん)

(現時点の最新版はver1.51です)
https://t.co/B0tHtMvmhz

UTAU音源使用時代からもう何年もお世話になっているプラグインです。
用途はその名の通り、歌詞を連続音表記に置き換えるなど連続音を使うための下準備を一括でしてくれるというものです。
特筆すべきは、「音素があるものだけ連続音に歌詞を置き換える」というところ。
例えば、「りんご」という単語を連続音で歌わせようとすると歌詞の表記は「り」「i ん」「n ご」となります。
しかしながら原音設定内に「n ご」がなく「ご」しかない場合、「り」「i ん」「n ご」と歌詞を変えてしまうと最後の「ご」が再生出来ず無音になってしまいます。
このプラグインは作用するときに自動で原音設定をチェックし、音素がない場合は単独音のままで置いておいてくれるのです。
なので、「n ご」がない音源で「り」「ん」「ご」という並びのノートにこのプラグインをかけると「り」「i ん」「ご」、と歌詞を変更してくれます。
ただし対応してるのは元のノートの歌詞のエイリアス限定なのでそこは気をつける必要はあります(「り」「ん」「ご」でやる場合「n ご強」があってもスルーされる。「り」「ん」「ご強」ならちゃんと「り」「i ん」「n ご強」に変えてくれる)。
私は人力音源を作る際連続音音素も切り出しているのですが、連続音がある音とない音があるのでまず最初にベタ打ちustにこのプラグインをかけ、連続音がある音は連続音に変えてから調声作業に入っています。
また、チェックをつける項目の中に「エンベロープの正規化」や「ポルタメント」の項目もあるので、時々歌詞には触らず特定の項目だけチェックを入れてプラグインを適用させたりもしています。

②プレフィックス/サフィックス選択プラグイン(製作:masaoさん)

https://t.co/Cs9QvB3IGk
これもまたUTAU音源使用時代からずっとお世話になっているプラグインです。正直これがないと調声出来ません。
機能としてはUTAU上のノートをShift+右クリックすることで表示される複数のエイリアスをまとめて表示、選択を可能にするといったもので、豊富な表情音源を混ぜて使う人、人力でも多音沼に足突っ込んでる人は是非導入してほしいプラグインです。
「あ」を40個以上搭載してるうちの長谷部なんぞはShift+右クリックするとエイリアスがいっぱい出てきて選ぶのにも一苦労ですし、そもそもまず数が多すぎてそれぞれの「あ」がどんな発音だったかなんて緻密に覚えられません。かといって一つ一つ選択して再生して確認してこれじゃない、次、とやっていると時間がいくらあっても足りません。
このプラグインのいいところは別窓でエイリアス一覧を出してくれる上に、そこで原音も再生できるところなのです…!
左下のボックスにチェックを入れると音素をクリックした時に原音を鳴らしてくれるので、口の開け方も原音の高さも分かります。超便利。
画像では一つのノートだけ選択していますが、複数のノートを範囲選択してプラグインをかけることも可能です。ただ、選択部分の音素の全エイリアス分が表示されてその分シークバーも伸びるので、各音素に振るエイリアスが決まっている(例:無印、2、3、強、弱だけ)場合等でないと音素探しにいらぬ時間をとられることもあるかもです。

③エンジン選択プラグイン(製作:masaoさん)
https://t.co/Yxvun4sflz
これもまた(ry
最初にちょっとUTAUのエンジンについて説明を。
本体と同梱されているresamplerの他、UTAUには様々な伸縮器(エンジン)が存在します。
音声ファイルとエンジンとの相性は非常に大切で、あるエンジンで鳴らして異音しか出なくても他のエンジンではきちんと声として再生される場合も十分ありえます。
同一キャラの全部の音素が一つのエンジンと相性が良いかというとそういうわけではなく、音素によってまちまちです。
しかしながら、通常一つのプロジェクトファイルにおいて一つのエンジンしか指定できません(プロジェクトの設定のツール2のところ)。
このプラグインは、一つのプロジェクトファイルで複数のエンジンを使えるようにするプラグインです。あるノートではresampler、その隣のノートはTIPSとかも出来ちゃうんです。エンジンの指定は/1、/2といったフラグで行います。
生成音がめちゃくちゃになりやすい人力音源を扱う上で、音素に合わせたエンジンを選ぶことが出来るこのプラグインは間違いなく調声の助けになると思います!
また、こちらのプラグインは合成音声生成を高速化するツールを兼ねているので、再生ボタンを押してからわずか数秒で再生されるようになります。導入しない理由がないと言っても過言ではないと思います。
初期設定ではresampler, fresamp, TIPS, w4u, model4, EFB-GW, bkh01, phavocoの8つのエンジンが各フラグにが割り当てられているようですが(ただし各エンジンはプラグインに付属されてません。自分で落としてくる必要があります)、各自で自由にエンジンの割り当てを変更することも可能です(持ってないエンジンの項目を削除したり別のエンジンを追加したり)。
詳しくはこちらに。→UTAUエンジン切り替えカスタマイズ - Togetterまとめ https://t.co/MlBfzGm3bR

たまに使うプラグインやツールも他にちょこちょこあるのですが、今回はここら辺で止めてネタを温存することにします。
上記3つのプラグインは本当に便利です、導入して損はありません!!
本記事で初めて知ったという方、名前は知ってるけどまだ入れていないという方、是非ともご検討くださいな。
…日頃使うツールの紹介のはずがただのプラグインのステマ記事になってますね、どうもすみません。

四巡目 はじめての人力(バナ山)

2016年01月30日
お久しぶりです。相変わらず締め切りに追われて泡吹いてるバナ山です。
この度のテーマは「初めての人力」なので、人力を始めたばかりの一年前を少し思い返してみようと思います。

人力を始めたきっかけは一巡目で触れた通り、蒼羽さん作の歌仙さんの夢と葉桜カバーです。
初の人力動画で私も夢と葉桜を選曲しましたが、一番最初にこの楽曲を歌わせたかというとそういうわけではありません。長谷部の初歌唱のために選んだのは、以前UTAU音源でカバーして頂いたATOLSさんのブレスでした。

https://t.co/Ah4SKte4ij


音源とustはこんな感じです。
正真正銘の初人力なこともあってまだ母音置換なんて発想はなく、切り出した音をそのまま置いて歌わせています。
初めて歌ってもらった時は完成度とかそういうのは全部置いておいて「歌った!!」という喜びでいっぱいでした。
UTAU自体はもう何年も触ってるのですけどね…初心に返るというのはこういうことを言うのでしょうか。

当時のツイッターログを見返したところ「原音が短いからか伸ばすところがどうにも上手くいかない」などと言っていたようですが、今聴き返してみるとそうでもないように思います。人力耳が進んでいる証拠ですね!

これを公開した時、フォロワーさんから「伸ばすところがいい」「長音になると長谷部感が出る」とのご意見を頂きまして、「なるほど伸ばすところで長谷部っぽさが出るのだな」→「そういや長谷部って発音の立ち上がりゆっくりだな、ロングトーンのノートの長さだと発音が立ち上がりきるからその特徴がはっきり出て彼らしくなるのかな」→「長谷部らしさを出すには発音の特徴を活かせる曲、長音部分が多いローテンポの曲を歌わせればいいのでは」というように長谷部の声の特徴とその特性を活かせるジャンルの曲を把握したような記憶があります。

人力を始めた当初のUTAU音源との違いへの戸惑いは三巡目で触れた通りです。
これまたツイッターログを見るとブレスを歌わせた翌日には母音置換に手を伸ばして発音調節・ノイズ対策を行っていたようで、過去の私なかなかやるな…と自分のことながら思ってしまいました。

一部母音置換を施した人力テスト二作目がこちら。曲はみきとPの月陽です。
https://t.co/6Q8CY7Rhmi

母音置換の他にちょっとブレスも入れてみたようです。長谷部の苦手とするタイプの曲なのもあってちょっと発音に違和感はありますが(声を張るべきところで張れてない等)、息継ぎを入れることで少しは臨場感が出ているのではと思います。

いつかちゃんと手を入れて他のtmbox限定公開のカバーと合わせて長谷部詰め合わせ動画など作れたらいいなあとは思ってはいるのですが、あまりに作業が亀すぎて全く見通しが立たない状態なのでここで仮供養しておきます。

ただのチラ裏とはいえ、一巡目と三巡目で詳しく書きすぎて今回全く中身のない回になってしまいました…すみません。
次回はもうちょっと何かの役に立ちそうなことを書けたらなあと思います。
 | HOME | 次のページ »