忍者ブログ

[PR]

2017年12月13日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一巡目 UTAU式人力と私(バナ山)

2015年12月13日
初めましての方は初めまして。猟友会の片割れ、芭那山満秀ことバナ山と申します。 ノリで結成された会ではございますが5割は真面目に、残り5割はチラ裏らしく適当に書いていきたいと思います。よろしくお願いします。

私がUTAUを触り始めたのは2009年の春~夏頃なのですが、その頃は人力VOCALOIDにはほとんど興味は示さず(ツールの出自が出自故存在は知っていましたが)、ただただひたすらVOCALOIDとUTAUの発達を眺めつつお気に入りのUTAU音源の声を愛でておりました。
そんな私が恐らく初めてUTAU式人力にちゃんと目を向けたのは3グラスPさんのBSL動画でした。

(どの動画だったかは記憶がおぼろげなので一応こちらの動画を)

確かTLで3グラスさんが自作動画のリンクを呟いてるのがふと気になって動画を視聴したのだと思います。 生憎戦国BASARAは未プレイで何の知識もなかったのでキャラっぽさは分からなかったのですが、「UTAU音源でもない、歌うはずのないゲームのキャラクターが歌っている!」と衝撃を受けました。あの時勢いに任せて3グラスさんにリプを送ったか空リプで感想を呟いたような記憶があるのですが、残念なことにその内容は記憶の彼方へ(ry
以来、ぼちぼちフォロワーさんがおすすめするUTAU式人力動画を見ていましたが、自分で作る気には全くなりませんでした。

時は過ぎて2015年1月。刀剣乱舞が流行り始め、私も初日に登録して刀を振り始めたのですが、とある動画に出会い二度目の大きな衝撃を受けました。



今まで私が見てきた人力動画はそもそも原作キャラクターの声を知らずに聴いてきたものばかりでした。他のUTAU動画同様、ただの合成音声を用いた動画として楽しんできたのです。 この動画は初めて視聴した、声を知ってるキャラクターが歌っている動画でした。

「あの歌仙さんが歌っている…!ちゃんと面影がある!!!」

一度聴き、二度聴き、三度四度と聴き返し、されど興奮は全く収まりまらず、その衝動は自分でも人力をやってみたい、という方向へ…今振り返ると完全に勢いで動いていたと思います。
刀剣乱舞をプレイする中で、一番声を気に入っていたのは燭台切光忠でした。やるなら彼の人力をやりたい!と真っ先に思いました。何分変に石橋を叩いて渡る癖のある自分なものですから、勢いで始めたのにも関わらず「何も分からない状態で挑戦して失敗するのはいやだ、まずは別のキャラクターで練習しよう」なんて思考へ。で、その候補として真っ先に挙がったのがへし切長谷部。別にこの頃長谷部のこと全然好きじゃありませんでした。信長拗らせてるやたら声のいい野郎とか思ってました。ごめん長谷部。
ところがどっこい、台詞を録音するために長谷部を近侍し、録れるだけの台詞を録り、原音設定のために何度も台詞を聴いてるうちに見事に沼に落ちました。恐ろしいものです。

長谷部の音源を作ってから数曲試しに軽く歌わせて人力のコツをなんとなく掴み、3日で作ったのがこちら、人力処女作となる動画です。



一番のみならず絵もないただの調声晒し動画というこんな酷い動画に対し、沢山のご視聴、ご感想、フルの要望をくださり本当にありがとうございました。当時温かな反応を頂けたからこそ今も作り続けていられてるのだと思います。

以上、私がUTAU式人力と出会ったきっかけと実際にUTAU式人力をやるに至った経緯でございます。 まさかこちらの動画を作った時はここまでどっぷり人力にはまることになろうとは思っておりませんでした。 UTAU式人力は既存のUTAU音源と異なり音源の切り出しから原音設定まで何から何まで一から自分でやらないといけませんし、音素が短く数が少ないが故のトラブルも発生しがちですが、UTAU音源を触るのとはまた違った楽しさがあって今はその面白さに夢中です。 UTAU式人力を始めてから新しく身につけた調声手法がいくつもありますし、UTAUユーザーとしてもスキルアップ出来たような…。勿論まだまだ分からないこと、やれそうなことは一杯ありますし、好奇心が湧く限り試行錯誤を続けて行けたらな、と思ってます。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字