忍者ブログ

[PR]

2017年09月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

四巡目 はじめての人力(バナ山)

2016年01月30日
お久しぶりです。相変わらず締め切りに追われて泡吹いてるバナ山です。
この度のテーマは「初めての人力」なので、人力を始めたばかりの一年前を少し思い返してみようと思います。

人力を始めたきっかけは一巡目で触れた通り、蒼羽さん作の歌仙さんの夢と葉桜カバーです。
初の人力動画で私も夢と葉桜を選曲しましたが、一番最初にこの楽曲を歌わせたかというとそういうわけではありません。長谷部の初歌唱のために選んだのは、以前UTAU音源でカバーして頂いたATOLSさんのブレスでした。

https://t.co/Ah4SKte4ij


音源とustはこんな感じです。
正真正銘の初人力なこともあってまだ母音置換なんて発想はなく、切り出した音をそのまま置いて歌わせています。
初めて歌ってもらった時は完成度とかそういうのは全部置いておいて「歌った!!」という喜びでいっぱいでした。
UTAU自体はもう何年も触ってるのですけどね…初心に返るというのはこういうことを言うのでしょうか。

当時のツイッターログを見返したところ「原音が短いからか伸ばすところがどうにも上手くいかない」などと言っていたようですが、今聴き返してみるとそうでもないように思います。人力耳が進んでいる証拠ですね!

これを公開した時、フォロワーさんから「伸ばすところがいい」「長音になると長谷部感が出る」とのご意見を頂きまして、「なるほど伸ばすところで長谷部っぽさが出るのだな」→「そういや長谷部って発音の立ち上がりゆっくりだな、ロングトーンのノートの長さだと発音が立ち上がりきるからその特徴がはっきり出て彼らしくなるのかな」→「長谷部らしさを出すには発音の特徴を活かせる曲、長音部分が多いローテンポの曲を歌わせればいいのでは」というように長谷部の声の特徴とその特性を活かせるジャンルの曲を把握したような記憶があります。

人力を始めた当初のUTAU音源との違いへの戸惑いは三巡目で触れた通りです。
これまたツイッターログを見るとブレスを歌わせた翌日には母音置換に手を伸ばして発音調節・ノイズ対策を行っていたようで、過去の私なかなかやるな…と自分のことながら思ってしまいました。

一部母音置換を施した人力テスト二作目がこちら。曲はみきとPの月陽です。
https://t.co/6Q8CY7Rhmi

母音置換の他にちょっとブレスも入れてみたようです。長谷部の苦手とするタイプの曲なのもあってちょっと発音に違和感はありますが(声を張るべきところで張れてない等)、息継ぎを入れることで少しは臨場感が出ているのではと思います。

いつかちゃんと手を入れて他のtmbox限定公開のカバーと合わせて長谷部詰め合わせ動画など作れたらいいなあとは思ってはいるのですが、あまりに作業が亀すぎて全く見通しが立たない状態なのでここで仮供養しておきます。

ただのチラ裏とはいえ、一巡目と三巡目で詳しく書きすぎて今回全く中身のない回になってしまいました…すみません。
次回はもうちょっと何かの役に立ちそうなことを書けたらなあと思います。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字