忍者ブログ

[PR]

2017年12月13日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二巡目 凄いようちのこ(3グラスP)

2015年12月18日
ごきげんよう、3グラスPで御座います。
今回はいいテーマ名が思い付きませんでしたが、自分の作成した人力音源の声の特性で好きなところやら、調声している時に得られたちょっとした感動を取り上げていきたいと思います。

私の人力の経験というと9割9分5厘は本能寺の変態っぽいど(明智)によるものですが、今までに歌わせてきた中でこれはと思ったことを挙げていきます。

1.キャラの性格に反して扱いやすい声
人力をやった中で結構驚いたことです。本能寺の……もとい明智は作品屈指の変態なのですが、一音一音の声は存外に普通でした。相当興奮している声は勿論癖の塊で扱いやすいものではありませんが、平常時の声は柔らかく発声も綺麗なので私個人としては扱いやすい部類です。私がUTAU音源使う際に柔らかい声の音源をよく使っているからそう思ったのかもしれませんね。
明智はキャラっぽさというものが一音単位というよりは音をつなげた時に生まれるということに気付かせてくれました。

2.高音は綺麗に伸びる
昔、UTAU界隈で「原音(元々収録されている声)の収録音階より少しでも低くなると声が綺麗に再生されづらくなるが、100%以上高い音に対しては綺麗に再生される」という話を見かけたことがあるのですがこれは人力でも同じことでした。寧ろ、人力のほうがモロに出ているかもしれません。
人力の場合だと一音一音の原音が非常に短いということもあり、原音の音階よりもちょっとでも低い音はすぐメカ丸出しになります。

それもあり、「っぽさ」は別として低音よりも高音のほうが綺麗に再生される傾向があります。
で、件の明智ですが高すぎない程度の高音が得意で、しかも曲によっては生き生きとして聴こえるという。音源としての観点からすると、高めの男声のボーカルの曲が一番映えると思います。キャラに合っているか否かは抜きとしてゴキゲンな蝶になる曲とか、西川兄貴の歴代の主題歌とか合います。

3.兎に角楽しそう
私の音素選びの問題かもしれませんが、何歌わせてもなんか楽しそうに聴こえます。高音の伸びが良い+「あ」の使い方によって声の表情が変わるので曲によっては「この人テンション上がってないすか」と思うこともあります。キャラっぽさは抜きとして。

本能寺の変態っぽいどこと明智さんの声の特性について語れているかは謎ですが、なんとなく伝われば幸いです。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字