忍者ブログ

[PR]

2017年09月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

四巡目 はじめての人力(3グラスP)

2016年01月04日
どうもごきげんよう、自分の音源周りやら仕事やらに追われている3グラスPです。
今回は「はじめての人力」というお題目で、初めてUTAU式人力をやってみた時の戸惑いやら衝撃やらを振り返ります。
私自身、相方のバナ山さんと比べると人力デビューがかなり前なのでうろ覚えの激しい箇所があると思います。予め御容赦ください。

一巡目で言及していますが、私の本気で初めてやってみた人力は明智さんではありませんでした。
カイル(※ブラックな某海外アニメのキャラクターではない)の声を歌わせようと思ったのが人力の馴れ初めでしたが、まず何に驚いたかというと「キャラが指定した音階通りに声を出してる!」「思った以上にキャラクターの声が残っている」ということでした。しかし、感動もある反面で同時に思ったことは「声が伸びない」という点でした。
前の記事でも一応言及していますが、原音が短いとロングトーンに弱くなります。UTAU自体がバラバラの声を繋ぐツールではあるものの、原音が短い音源は元々短いものを長く引き伸ばされる分不安定になります。前述の記事にもあると思いますが、台詞などから切り出したものは殊更短いので長く伸ばすときゅるきゅるぎゅおんぎゅおんした機械音が高確率で鳴ります。声の部分が少ないから追い付かないんですね。
と、今となっては原因が大雑把にでも分かっているので人力音源を歌わせたときに耳障りな「あーまたか」で済むんですが、初めて歌わせたときはメカニズムとか対処法が全く分からなかったので「え、何!?カイルが口から変な音出してる!?」と動揺しました。フラグを色々入れてみたりしても、なかなか機械音が消えませんでした。
のちに、明智さんを歌わせたときにどういう経緯かぼいんぼいんプラグインで音符を子音部分と母音部分に分割してみたら成功したので「音符を分割して機械音がしない音と取り換える」のがベターな解決法だと判明するのですが本気で初めて人力歌唱を行った時点ではそこに到達できなかったので普通に歌わせるだけで動揺しました。産まれたての小鹿並みにプルプルしていたといっても過言ではないです。

あと、初めて歌わせたときの感想としては「発音できない音が多くて驚いた」が挙げられます。明智さんを歌わせるようになってから「無いから音を作るか」と考えられるようになったのですが、初めて歌わせた時は拗音もそうですが、半濁音である「ぱ」・五十音の「ぬ」が無いというまさかの事態に遭遇して暫く困惑した記憶があります。特に、「ぬ」が無い場合に別の音で作るのが難しくて途方に暮れていました。
五十音・濁音・半濁音が足りない場合は、別の音で歌わせるのが難しいです。

自分が普段歌わせているUTAU音源と同じように歌わせようとすると勝手が違う点がいくつもあるので「なんだこれどうすりゃいいんだ」と思うことが多かったのですが、なんやかんやでUTAUエディタ上で自分が愛する声を自由に弄り倒すことが出来るところに別種の面白さを感じたので幾つかの人力動画を投稿し、あまつさえ今頃になってbotを作る・ブログ記事を書く企画を開催しているのだろうと思います。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字