忍者ブログ

[PR]

2017年09月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一巡目 UTAU式人力と私(3グラスP)

2015年12月06日
初めまして、Twitter上で突発的に結成された人力猟友会の一員となった3グラスPと申します。
ざっくり自己紹介させて頂くと、2010年から約2年ほどBASARALOID動画を投稿していたことがありました。現在はその当時の経験などを基にUTAU式人力に役立ちそうな小ネタ、情報を呟くUTAU式人力をする人の飼い猫bot(@utaujinriki_bot)を作成、管理しています。

第一回のテーマが「UTAU式人力と私」と言うことで、デビューに至るまでを綴ろうと思います。
UTAU式ではありませんが、私が初めて人力歌唱の動画を見たのは7年くらい前のことでした。それは、釣り動画に運悪く引っかかったという最悪のきっかけでした。暴歌ロイドという部類のものですね。声の表情が一音一音バラバラで明らかなノイズもあり、いかにも「切って繋げました」という感じが露骨に出ていたものだったので当時は恐怖しました。以来、人力歌唱が苦手になりました。今でも当該の動画はトラウマです。

そんな私が何故、と思われましょうが別件で自分の音源の一音単位の声のファイルをいじっている時に「これを応用すれば人力歌唱出来るんじゃ」と気づいた直後の勢いだったのかもしれません。もはや忌避関係なく、面白そうだから試すかという好奇心が勝ったのでしょう。その時期は某クイズゲームでキャラクターの集団リストラが起こっていた時期だったので、自分の好きなキャラクターがリストラされた=ゲームで誕生日を祝えない=別の方法をと思ったのでありましょう。関係ない筈の出来事が重なり、気付いたら誕生日を祝えなかったキャラクターの声をUTAU上で繋ぐに至っておりました。
因みに、その声はUTAUと相性が悪かったのか上手く歌わせられませんでした。未だにきちんと歌わせられてないです。

その次に歌わせてみたのがBASARAの本能寺の変態なのですが、何故そこに至ったのかはよく分かりません。ゲームも全く違います。
彼が変態的なキャラクター性に反して存外扱いやすい声だったからなのか、こちらは上手く歌わせられました。この時にテンションが上がった勢いで動画にしたら、普段の動画より再生数が多くて吃驚しました。
UTAU式の人力歌唱全般に言えますが、UTAU音源と比べると扱いが難しく歌わせることに手間が非常にかかるかかる。しかし、「それっぽく」歌わせられた時の達成感は大きいです。

出会いからデビューまでを綴ってみたわけですが、今思うと元々ツール問わず人力歌唱が苦手だったからこそ逆に「自分の苦手な音を出さない」ことに始まり、「耳に優しい人力歌唱」を目指すようになった気がします。

と、UTAU式っぽい話があまり出ませんでしたが、当時はUTAU式人力という言葉が無く、今みたいに爆発的な流行があったわけではなかったからということでご容赦ください。

以上、3グラスPでした。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字